初心者 暗号資産(仮想通貨)

ハードウェアウォレットとは? 暗号資産の取引が安全に行えるのか?

  1. HOME >
  2. 初心者 >

ハードウェアウォレットとは? 暗号資産の取引が安全に行えるのか?

ここ数年で暗号資産の取引量が増加しましたが、それに伴って安全に暗号資産の取引が行えるようにと様々な対策が行われてきました。

その中の1つに「ハードウェアウォレット」というものがあります。

本記事では、この 暗号通貨ハードウェアウォレットがどういったものなのか?

そのメリットやデメリット、おすすめのハードウェアウォレットなどについてまとめていきます。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットは仮想通貨を通信環境から隔離した状態でも保管できるウォレットのことです。

ハードウェアウォレットの特徴としては、以下の3点が挙げられます。

ハードウェアウォレットの特徴

  • コールドウォレットである
  • 秘密キーを自分で管理できる
  • 複数の仮想通貨の管理がしやすくなる

コールドウォレットというのは、ウォレットをインターネット上から切り離した場所で保管いたウォレットのことを言い、

最もセキュリティ性の高いウォレットと言われています。

さらに秘密キーの管理がしやすいため、セキュリティ面の高さは維持しつつ利便性もあります。

大まかな仕組みとしては、専用のアプリを開いて、本体を接続してPINコードを入力することで、

ハードウェアウォレットの中身にアクセスして、暗号資産のデータにアクセスするといったものになっています。

一般的に、本体はPCのUSB差し込み口などを利用して繋げる形式のものが多いです。

ハードウェアウォレットのメリット・デメリット

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットのメリットはいくつかありますが、代表例として以下の3つを挙げます。

ハードウェアウォレットのメリット

  • 倒産やハッキングのリスクを避けられるセキュリティの高さ
  • 1つのデバイスで多くの暗号資産が取り扱える
  • 手数料調整ができる

1つ目のセキュリティの高さはもう言うまでもないかもしれませんが、自分で管理できる秘密キーなどが必要となる上に、

ウォレットがインターネット上にないために、ハッキングを行うこともほぼ不可能だとされています。

2つ目は1つのデバイスで多くの暗号資産が取り扱えるという特徴を持っています。

暗号資産というのは意外にも1,000種類以上存在しますが、中にはそれらのほとんどを網羅したものもあります。

3つ目は手数料調整が可能という点で、トランザクションの速度に応じて手数料を調整する仕組みがあり、

取引所での高い手数料に悩まされることがなくなります。

ハードウェアウォレットのデメリット

 優れた特徴を持つハードウェアウォレットですが、以下のようなデメリットも存在します。

ハードウェアウォレットのデメリット

  • 端末そのものが高い
  • 日本語の対応ができていないものもある
  • 壊してしまうと新しいものを手に入れるのが難しい場合が多い

ハードウェアウォレットというのは安全に暗号資産の取引を実現することが可能ではありますが、

基本的に1万円近くするものが多いため、ある程度資金に余裕ができないと買わずに我慢してしまうような傾向が見られます。

また、暗号資産が日本で流行し始めてあまり年月が経っていないこともあり、購入したデバイスが日本語に対応していない場合も時々あります。

このデバイスは暗号資産の流行具合に対して、生産者側のパイが足りていないことから品薄状態が続いていて、一度壊してしまうと買い替えるのが難しくなります。

おすすめのハードウェアウォレットは?

Ledger Nano S

こちらの製品は日本で最も売れているハードウェアウォレットLedger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットです。

Ledger NanoSは、デバイスの見た目のコンパクトさやアップデートで1,000種類以上の暗号資産の取り扱いが可能なため、

暗号資産(仮想通貨)の取引をする人から利便性の面に愛されています。

ただ、Chromeメインで起動するものであるため、iPhoneやiPadでの使用はできないのがデメリットとして挙げられます。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット
ビットコイン、イーサリアム等の多くの仮想通貨に対応。安心の正規代理店。送料無料

Ledger Nano X

こちらの製品はLedger NanoSを改良して作られた新製品です。

これまでパソコンにUSBを経由して接続する必要があったため、外出先での使用が難しかったことが課題として挙げられていましたが、

こちらの製品ではスマホでの接続が可能になったことで外出先でも簡単にウォレットの中身を触れるようになりました。

また保存可能なアプリが2、3程度だったのが一気に100まで保存できるようになりました。


まとめ

 ハードウェアウォレットというのは、暗号資産やその鍵となる秘密キーを安全に管理するために作られたツールの1つです。

このツールを持っておくだけで、価格変動の大きいと言われる暗号資産を安全に管理することができるため、

暗号資産を必要なタイミングで換金したりスワップしたりできないといったトラブルを防止することができます。

少しだけお金がかかりますが、ハードウェアウォレットを手に入れて安全に暗号資産の取引を進めてみてはいかがでしょうか?

-初心者, 暗号資産(仮想通貨)

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.