Ethereum 初心者 暗号資産(仮想通貨)

【イーサリアムをわかりやすく解説】特徴から基本事項まで解説!

  1. HOME >
  2. 暗号資産(仮想通貨) >
  3. アルトコイン >
  4. Ethereum >

【イーサリアムをわかりやすく解説】特徴から基本事項まで解説!

イーサリアムは時価総額・取引量ともにビットコインに次ぐ人気の暗号資産(仮想通貨)です。

日本の大手取引所で扱われることが多いため、名前を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

イーサリアムは、ユニークな特徴を持つことから人気が高く、広く認知されていますが、意外とその実態は知られていないようです。

そこで今回はイーサリアムの成り立ちから特徴、今後の展望などをわかりやすくご紹介します。

イーサリアムに興味がある方はぜひ読んでみてください。

イーサリアムとは?

イーサリアムとは、暗号資産(仮想通貨)の種類の1つでアルトコインに分類されます。

アルトコインとはビットコイン以外の全ての通貨のこと。

イーサリアムはこのアルトコインの中でも、知名度が高い通貨です。

なぜならイーサリアムはビットコインについで、時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)だからです。

イーサリアムは発行者や管理者が存在しないという点はビットコインと同じですが、イーサリアム財団という非営利組織が研究開発やイーサリアムの普及に努めています。

イーサリアムの特徴についてみていきましょう。

イーサリアムの特徴

イーサリアムの特徴は以下の通りです。

イーサリアム の特徴

  • スマートコントラクトで取引を自動化
  • 独自トークンを発行できる
  • Defiの拡大

それぞれ説明していきます。

 

スマートコントラクトで取引を自動化

イーサリアム最大の特徴がスマートコントラクトです。これはイーサリアムの機能の一つで、契約の履行や価値の移転を実行してくれるプログラムのこと。

わかりやすく言えば、ブロックチェーン上で契約を自動で結ぶ技術です。

このスマートコントラクトにより、第三者を仲介することなく、契約の透明性を保つことができます

これにより、契約のコストを削減できるという期待がされています。

独自トークンを発行できる

続いての特徴が独自トークンを発行できるという点です。

トークンとはブロックチェーン上で発行され、所有者が権利を持っていることを証明するものです。

つまり、イーサリアムを使えば、企業や個人が独自の暗号資産を発行できます。

誰でも暗号資産(仮想通貨)を発行できるといっても、日本の場合は法律面で規制がかかるのでご注意ください。

Defiの拡大

Defiとは、金融の仲介をなくすことを目的にブロックチェーン上に構築された金融アプリケーションのことです。

先ほど述べたスマートコントラクトの技術を使って構築されています。

イーサリアムやイーサリアムから派生した暗号資産(仮想通貨)を運用することで、お金の中央集権的な管理から逃れることができます。

中央集権型システムや人間の管理者は、取引のスピードや進化を制限してしまう可能性があります。

銀行などの中央集権型では、ユーザーは自身のお金を直接管理できなくなるという点がデメリットです。

DeFiに注目すべき理由は、ブロックチェーンの用途を単なる価値の移動から、金融での複雑な用途に拡大すること。

あらゆる種類の取引から仲介業者を排除することが、Defiが実現する未来です。

イーサリアムのメリット

ここまでは、イーサリアムの特徴について述べてきました。ここからはイーサリアムのメリットについて紹介していきます。

イーサリアムのメリットは以下3つです。

イーサリアム のメリット

  • 発行上限がない
  • 信頼性が高い
  • 送金が早い

 

それぞれ紹介していきます。

発行上限がない

イーサリアムには発行上限がないという特徴があります。

ビットコインは2100万BTCと発行上限が決まっていますが、イーサリアムにはないので、価格が安定しやすいです。

発行上限がある通貨だと、マイニング報酬が半分になる半減期があり、価格が大きく変わってしまうというデメリットがあります。

信頼性が高い

続いては信頼性が高いというメリットです。

イーサリアムはブロックチェーンの中にスマートコントラクトの技術が採用されています。

ただでさえセキュリティが強固なブロックチェーンの中に、スマートコントラクトが組み合わさることで、より信頼性の高いシステムとして運用することができるのです。

送金の速さ

イーサリアムは送金が早いことも特徴の一つ。

暗号資産(仮想通貨)では一つの取引を完了させるためにはマイニングにより承認されなければなりません。

ビットコインではおよそ10分に1回の頻度で送金が承認されるのに対し、イーサリアムでは15秒に1です。

この送金スピードが早いことにより、スピーディーな決済が可能になります。

イーサリアムのデメリット

続いて、イーサリアムのデメリットについて述べていきます。

イーサリアムのデメリットは以下2点です。

イーサリアム のデメリット

  • ネットワークの処理に時間がかかる
  • ICO規制に弱い

それぞれ解説していきます。

ネットワークの処理に時間がかかる

先ほどのメリットの項で、イーサリアムは15秒に1回のスピードで取引が承認されていると述べました。

しかし、このスピードは取引数が多くなればなるほど時間がかかるようになります。

イーサリアムは取引情報だけでなく、スマートコントラクトもブロックチェーンの中に内包しているため、情報量が多くなる傾向にあります。

イーサリアムが広まれば広まるほど、ネットワークの処理速度が反比例して遅くなっていきます。

これをスケーラビリティの問題と言います。

ICO規制に弱い

イーサリアムにはトークンを簡単に発行することができるという特徴があります。

そのためICO(新しい通貨を発行して、プロジェクトの資金調達を行うこと)による需要が大きいでしょう。

ICOが世界のスタンダードとして定着すれば、イーサリアムの需要は伸びていくと予想できます。

しかし、世界的にはICOは規制する流れになっています。

ICOを使った詐欺が多く発生したため、世界の国々では、ICOへの規制が厳しくなりました。

ICOへの規制がイーサリアムの需要が減少する要因の1つであることは間違い無いでしょう。

イーサリアムとビットコインの違い

ここまでイーサリアムの特徴とメリットデメリットについて述べてきました。

この章では、暗号資産(仮想通貨)時価総額1位の「ビットコイン」と時価総額第2位の「イーサリアム」の違いを簡単に見ていきます。

一言で言うと、イーサリアムとビットコインの違いは目的の違いです。

ビットコインは、決済手段で、イーサリアムはプラットフォームです。

ビットコインは価値を保存しておくための手段です。

物の対価としても使え、通貨としての役割を目的に作られました。

現在は、価格の変動が大きすぎて残念ながら法定通貨の代わりとして使うのは難しいですが、そもそもは通貨の代わりとして作られています。

一方のイーサリアムは、プラットフォームであり、技術の汎用性があるものになっています。

イーサリアムの大きな特徴であるスマートコントラクトを利用し、あらかじめ契約内容や履行義務をプログラム上で入れておくことで手続きを簡便化することができたり、イーサリアムの技術を基に、新しいトークンが発行されたりしています。

このように、イーサリアムのベースとなる技術が利用されて生み出されているものは数多くあります。

同じ暗号資産(仮想通貨)でもビットコインとイーサリアムでは、作られた目的が大きく違うのです。

イーサリアムの将来性

イーサリアムについては理解いただけましたでしょうか。この章では、イーサリアムの今後の将来性についてのべます。

イーサリアムの将来性を知るために重要な要素は以下2つです。

イーサリアム の将来性

  • ライデンネットワーク
  • セレニティアップデート

それぞれ解説していきます。

ライデンネットワーク

先ほど、イーサリアムのデメリットに今後、ユーザーが増えていくと出金処理スピードが遅くなってしまうと述べました。

このライデンネットワークはその問題を改善する技術です。

専門的な話は主題とそれますので避けますが、ライデンネットワークが実装されれば、送金処理の時間を大幅に短縮することができます。

ライデンネットワークの実装で、イーサリアムの実用性が高まり、送金手数料が安くなることも見込めます。

この技術が実装されるかどうかはイーサリアムの将来を見るにあたって重要な要素になるでしょう。

セレニティアップデート

続いてはセレニティアップデートについてです。

イーサリアムは、これまでアップデートを繰り返して機能を向上させています。

イーサリアムは、合計で4回のアップデートをすると公言しており、これまで3回のアップデートが実施済みです。

これまでのアップデート

  • ① フロンティア(Frontier)
  • ② ホームステッド(Homestead)
  • ③ メトロポリス(Metropolis)

そして残る最後のアップデートが、セレニティアップデートとなります。

このセレニティアップデートでイーサリアムのアップデートは完全に終了します。

セレニティアップデートが終了すると、イーサリアムの実用性はより向上し、さらなる価値の上昇が見込めます。

イーサリアムのおすすめ取引所

ここまでイーサリアムについて説明してきました。この章では、そんなイーサリアムを取引することができるおすすめの取引所を2つご紹介します。

同じイーサリアムでもそれぞれ違う取引ができるので、自分にあった方を選びましょう。

Coincheck

まずはCoincheckです。Coincheckは国内でNo.1の人気を誇っており、スマホアプリは270万DLを突破しています。

Coincheckでは、販売所形式でイーサリアムを購入できます。

販売所とは、自分の資金で暗号資産(仮想通貨)を購入する形態のこと。安全性が高い取引が魅力です。

Coincheckのイーサリアム手数料はすべて無料ですので、気兼ねなく取引できるでしょう。

イーサリアム取引をするにはもっともおすすめの取引所です。

GMOコイン

続いてのおすすめは、GMOコインです。GMOコインではイーサリアムの証拠金取引を行えます。

自分の元手の最大4倍までの資金を取引することが可能で、自己資金より大きな利益を狙うことができます。

もちろんリスクもその分大きくなりますが、大きな利益を狙っている方には、GMOコインがおすすめと言えるでしょう。

イーサリアムを購入する際の注意点

イーサリアムを購入する前に注意点を整理しておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)は値幅制限がない

まずは、暗号資産(仮想通貨)特有の注意点です。暗号資産(仮想通貨)での取引は、株価のようにストップ高やストップ安という値幅制限がありません。

先述したような、セレニティアップデートがおきた場合、価格が大きく変動すると予想されます。

1日で大きな値動きをすることがあるのでご注意ください。

イーサリアムの取引を行う際は注意点とリスクを踏まえた上で、余剰資金の範囲内で行いましょう。

利益は課税対象

イーサリアムだけではないですが、暗号資産(仮想通貨)の取引において利益が発生した場合、課税対象となります。

課税対象となる金額に応じて確定申告を行う必要がありますので、あらかじめ知っておきましょう。

まとめ

今回は、暗号資産(仮想通貨)で時価総額第2位のイーサリアムについてまとめていきました。

イーサリアムの特徴を改めてまとめると以下の通りです。

イーサリアム の特徴まとめ

  • イーサリアムは決済通貨ではなくプラットフォーム
  • スマートコントラクトで取引や契約を自動化できる
  • 独自トークンを発行できる
  • セレニティアップデートを控えている

イーサリアムについてご理解いただけましたでしょうか。

イーサリアムは今後、セレニティと呼ばれる大型アップデートを控えています。

セレニティアップデートによって、イーサリアムの機能は大きく向上すると期待されていますが、一方で価格変動の可能性もあります。

今後もイーサリアムの取引をする場合は、十分な情報収集を行い、リスクを把握した上で行う必要があるといえるでしょう。

一方で、プラットフォームとしての革新的技術、イーサリアムについて少しでも気になった方は取引所を開いて、購入してみてはいかがでしょうか。

-Ethereum, 初心者, 暗号資産(仮想通貨)
-

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.