Bitcoin アルトコイン 初心者 暗号資産(仮想通貨)

【暗号資産(仮想通貨)とは何?】誰でも理解できるように解説します

  1. HOME >
  2. 暗号資産(仮想通貨) >
  3. Bitcoin >

【暗号資産(仮想通貨)とは何?】誰でも理解できるように解説します

突然ですが、あなたは暗号資産(仮想通貨)とはどんなものなのか知っていますか?

暗号資産(仮想通貨)とは仮想空間にある通貨をやり取りするものであり、世界中で暗号資産(仮想通貨)を活用した売買取引が盛んに行われています。

しかし、暗号資産(仮想通貨)を扱うことによるメリットやデメリットとはどんなものなのか?

どんな特徴があるのか知りたい人も多いのではないでしょうか?

それでは、暗号資産(仮想通貨)の特徴やメリット、デメリットについて説明したいと思います。

1.暗号資産(仮想通貨)って何?どんな特徴があるの?

暗号資産(仮想通貨)とは暗号資産と呼ばれているものであり、インターネット上で売買取引するために必要な通貨のことです。

あくまでインターネット上でやり取りするために必要な通貨なので、現実に通過があるわけではありません。

しかし、この暗号資産(仮想通貨)を上手く稼ぐことができれば、代金支払いや法定通貨に交換できるといった様々な特徴があります。

それでは、暗号資産(仮想通貨)の様々な特徴についてご説明しましょう。

1-1.暗号資産(仮想通貨)を発行して管理している国が存在しない

暗号資産(仮想通貨)は特定の国が発行して管理しているわけではなく、あくまで世界中の利用者がお互いにリアルタイムでチェックして管理しています。

つまり、世界中で暗号資産(仮想通貨)のやり取りをしている人が管理者だと言えるでしょう。

1-2.改ざんや不正ができない

暗号資産(仮想通貨)による取引データが改ざんされないか気になる人もいるかもしれませんが、暗号資産(仮想通貨)は世界中で共有されているブロックチェーンという膨大なデータに取引データが記載されています。

これにより、改ざんや不正ができないのが大きな特徴です。

1-3.世界中どこにいても利用できて、即座に利用できる

暗号資産(仮想通貨)の最大の特徴は、同じ種類の暗号資産(仮想通貨)をやり取りする場合、両替する際の手数料がかからないこと、

そして海外に送金する時も銀行を経由して送金するわけではないので、迅速に送金できることです。

基本的に別の種類の暗号資産(仮想通貨)で取引すると両替する必要性があるため、両替手数料がかかります。

しかし、同じ種類の暗号資産(仮想通貨)であれば手数料がかからないため、取引の際のコストがかかりません。

さらに法定通貨を海外に送金する場合、銀行を経由しなければならないので送金するだけで結構なコストがかかります。

ですが、暗号資産(仮想通貨)を海外に送金する時は銀行を経由しないため、送金のコストを最小限に抑えることが可能です。

個人情報を開示せずに匿名での取引もできるなど、なるべく個人情報を開示せずに取引したい人にとっても大きなメリットだと言えるでしょう。

2.暗号資産(仮想通貨)の取引を行うメリットとは?

暗号資産(仮想通貨)による取引を行うメリットは様々です。

法定通貨にはない様々なメリットがあるため、これを機に暗号資産(仮想通貨)の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、暗号資産(仮想通貨)の取引を行うメリットについてご説明しましょう。

2-1.ライフスタイルに合わせた投資ができる

暗号資産(仮想通貨)は24時間365日いつでもどこでも何度でもできるため、銀行の営業時間などに悩まされることなく取引ができます。

送金手数料や着金までのスピードなど、暗号資産(仮想通貨)の取引状況にもよりますが、全てのいて法定通貨を取引するよりも優れています。

2-2.小額から取引できる

暗号資産(仮想通貨)は少額からでも取引できるのがメリットです。

暗号資産(仮想通貨)の相場にも左右されますが、最小注文数量が数十円~数百円と安価で取引が開始できるため、

高額な資金を用意できない人やいきなり高額な取引を行うのが不安な人におすすめです。

3.暗号資産(仮想通貨)の取引を行うデメリットとは?

暗号資産(仮想通貨)の取引を行うメリットがある一方で、デメリットもあるので注意が必要です。

それでは、暗号資産(仮想通貨)の取引を行うメリットについてご説明しましょう。

3-1.ネットに接続できないと取引できない

暗号資産(仮想通貨)はネット上で取引している以上、ネットに接続できなければ取引ができません。

電波状況が悪かったり、携帯の電池が切れてしまったりすると途端に取引できなくなってしまうため、せっかくの取引のチャンスを逃してしまうことになります。

暗号資産(仮想通貨)の取引をする時は、確実に繋がるネット環境の整備が欠かせません。

3-2.常に価格が変動している

暗号資産(仮想通貨)は常に価格が変動しているのがデメリットです。

というのも、暗号資産(仮想通貨)は全世界でリアルタイムで取引が行われているため、その変動額は非常に大きいです。

ライフスタイルに合わせた取引ができるのはメリットですが、逆に常に画面に張り付いていないと一番のチャンスを逃しやすいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の取引をスムーズに行うためには、常に変動する状況を見極めなければなりません。

4.まとめ

暗号資産(仮想通貨)は様々なメリットがありますが、いつでも好きな時に取引ができるにもかかわらず津念い価格が変動していることから画面から目が離せないというデメリットがあります。

稼いだ暗号資産(仮想通貨)を法定通貨に変えて利益を出すのが一般的ですが、そのためにはチャンスを逃すことなく取引を成功させなければなりません。

暗号資産(仮想通貨)には様々な使い道があるので、これを機に暗号資産(仮想通貨)の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

-Bitcoin, アルトコイン, 初心者, 暗号資産(仮想通貨)
-,

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.