初心者 取引所 暗号資産(仮想通貨)

【暗号資産(仮想通貨)初心者におすすめの取引所】失敗しない選び方

  1. HOME >
  2. 初心者 >

【暗号資産(仮想通貨)初心者におすすめの取引所】失敗しない選び方

暗号資産(仮想通貨)やビットコインがニュースに登場する機会が多くなり、暗号資産(仮想通貨)の取引を実際にしてみたいという方が増えてきています。

いざ取引を始めようと思って暗号資産(仮想通貨)の取引所について調べてみても、結局どこの取引所を使えばいいのかわからずに、困っている方も多いはず。

今回はそんな暗号資産(仮想通貨)取引を初めてやる方に向けて、おすすめの取引所を紹介しています。

具体的な根拠を元にわかりやすく解説しますので、今までわからず挫折してきた方も必見です。

初めての暗号資産(仮想通貨)取引で損をしたくない方はぜひこの記事をご覧ください。

おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所5選

まずは、当サイトおすすめの初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを紹介していきます。

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴は以下の通りです。

DMM Bitcoin

  • 日本最大級の大手取引所
  • 入出金手数料が無料
  • 充実した取引ツール
  • LINEを使った手厚いカスタマーサポート

第1位はDMM Bitcoinです。DMM BitcoinはDMM.comのグループ会社です。

DMMグループがこれまでFXブローカーをはじめとした金融サービスで、培ってきたノウハウを活用し、

金融商品取引経験のある投資家が利用しやすいサービスを提供していることが特徴です。

そのノウハウが特に出ているのが取引ツール。直感的に操作ができる取引ツールは暗号資産(仮想通貨)初心者でも簡単に取引ができるでしょう。

DMM Bitcoinの日本円のクイック入金は24時間365日利用可能で、銀行手数料も含めて入金手数料が無料です。

また、暗号資産(仮想通貨)の入出金にかかる手数料も無料と便利なのも魅力の1つです。

LINEを使った24時間対応のサポートで、仮装通貨初心者でも安心して使うことのできるおすすめ取引所です。

DMM Bitcoin

第2位 Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴は以下の通りです。

Coincheckの特徴

  • 操作が簡単なアプリで初心者でも使いやすい
  • 取り扱い通貨数が業界最多
  • ビットコインの手数料が無料

ランキング第2位は「コインチェック」です。

Coincheckは2020年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は326万を記録していて、日本人トレーダーから圧倒的な支持を集めています。

2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われましたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図りユーザーから信頼を獲得しています。

国内では最多となる15通貨に対応していて、Coincheckにしか無い銘柄もあります。

暗号資産(仮想通貨)積立などユニークなサービスも行なっていて、迷ったらCoincheckで口座を開設しておけば間違いないでしょう。

コインチェック

第3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの特徴は以下の通りです。

BitFlyerの特徴

  • 国内トップクラスの取引量
  • 約定力が高い
  • セキュリティに定評がある

第3位はbitFlyerです。bitFlyerは日本の主要メガバンク(三菱UFJキャピタル、みずほフィナンシャルグループなど)から出資を受けている国内でも有数の取引所です。

bitFlyerは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「ビットコイン簡単取引所」そしてレバレッジ取引ができて条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。

約定力と安全性の高さには定評があり、信頼性を重視したい方には特におすすめの取引所です。

bitFlyer

第4位 GMOコイン

GMOコインの特徴は以下の通りです。

GMOコインの特徴

  • 4種類の取引サービス
  • 売買手数料はマイナスになることもある
  • 貸し暗号資産(仮想通貨)も提供

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。

同じグループが運営しているGMOクリック証券は、FX取引高『国内第1位』を6年連続で取得。

このGMOクリック証券で培った金融サービスのノウハウが、GMOコインにも活かされています。

GMOコインでは、入出金・送金・取引の際に発生する手数料が全て無料です。

さらに、取引所売買手数料はメイカー取引(指し値注文)にマイナス手数料を採用しています。

これは、取引の際に本来かかるべき手数料が報奨金としてトレーダーに付与される仕組みで、指値注文を出すとお金がもらえる仕組みです。

さらに「貸暗号資産(仮想通貨)」を提供しているので、ユーザーは保有資産を貸し出して金利を稼ぐことができるというユニークなサービスも提供しています。

第5位 SBI VC Trade(エスビーアイブイシー)

SBI VC Tradeの特徴は以下の通りです。

SBI VC Tradeの特徴

  • 1回の最小取引単位が約500円
  • 住信SBIネット銀行は24時間365日振込手数料無料
  • 取り扱い暗号資産(仮想通貨)は3種類

初心者におすすめ取引所第5位は「SBI VC Trade」です。

SBI VCトレードはグループ会社である住信SBIネット銀行との連携や3種類の暗号資産に絞った取扱銘柄、セキュリティ体制をもつサービスが提供されているため、主要取引通貨に集中したい初心者におすすめの取引所となっています。

住信SBIネット銀行からの送金で手数料は完全に無料になります。

そんなSBI VC tradeですが、使い勝手は他社に劣るのが正直なところです。

入金手段も住信XBIネット銀行以外の手数料が比較的高いなど、今後のサービス改善が望まれる取引所といえます。

初心者が取引所を選ぶ際に大切なポイントとは?

ここまで、おすすめの取引所についてみてきました。暗号資産(仮想通貨)取引所はそれぞれが非常に個性豊かです。

ここでは、初心者の方向けの口座選びのポイントを解説します。

暗号資産(仮想通貨)取引所選びで、重視しなければならないポイントは、大きく分けると以下の3つです。

暗号資産(仮想通貨)取引所の重要なポイント

  • 手数料の安さ
  • 最低発注数量の少なさ
  • 取引所の安全性

上記4種類の項目の見る視点についてご説明します。

また、それぞれの項目で優れているおすすめ業者と特徴を紹介していきます。

手数料の安さ

暗号資産(仮想通貨)を取引する上で最初に気になるのが手数料の安さです。

取引をする上では、少しでも多くの利益を得たいと思うもの。暗号資産(仮想通貨)の取引で継続的に利益をあげるのは手数料を抑える必要があります。

暗号資産(仮想通貨)取引で発生する手数料には、取引所の取引手数料、販売所の売買価格差(スプレッド)、レバレッジ取引のポジション管理料、日本円の入出金手数料、暗号資産(仮想通貨)の出庫手数料などがあります。

取引所の中には入金だけでも700円ほどかかる取引所もあれば、無料の取引所も存在します。

出金も同様で、手数料無料のところがある一方、取引額の何%かが発生するところもあります。

1回の手数料は小さくても何度も取引をすれば大きな金額になってしまうので注意しましょう。

取引手数料が安い取引所はCoincheck

取引手数料が安くておすすめの取引所はCoincheckです。

コインチェックは「取引手数料」「入金手数料」が無料です。また、口座開設やその維持に一切手数料がかかりません。

つまり、口座を保有しているだけならばお金は一切かからないということ。

暗号資産(仮想通貨)での取引を考えている方は、Coincheckの口座を開設しておいて損は無いでしょう。

最低発注数量の少なさ

続いては最低発注数量の少なさが挙げられます。最低発注数量が少なければ少ないほど、安い金額で取引を開始できるのです。

初心者のうちから大きな金額を取引したくないという方は、最低入金額をチェックしておくといいでしょう。

それでは、最低発注数量の少なさでみるおすすめ取引所を発表します。

最低発注数量の少ない取引所はbitFlyer

最低発注数量が少なくておすすめの取引所は「bitFlyer」です。

ビットフライヤーの最低発注数量は以下のように設定されています。

  • ビットコイン 0.00000001BTC
  • イーサリアム 0.00000001ETH
  • イーサリアムクラッシック 0.00000001ETC
  • ライトコイン 0.00000001LTC
  • ビットコインキャッシュ 0.00000001BCH
  • モナコイン 0.00000001MONA
  • リスク 0.00000001LSK
  • リップル 0.000001XRP
  • ベーシックアテンショントークン 0.00000001BAT
  • ネム 0.000001XEM
  • ステラルーメン 0.0000001XLM
  • テゾス 0.000001XTZ

ビットフライヤーの最低購入金額は、どの暗号資産(仮想通貨)でも1円未満。

入金金額も1円以上となっていますので、極端ないい方をすれば、1円あればビットコインが購入できることになります。

少額から暗号資産(仮想通貨)取引をはじめたいならbitFlyerでの口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

取引所の安全性

暗号資産(仮想通貨)やビットコインというと、どうしても安全性が心配になりますよね。

大事な資産を預ける取引所は何よりも信頼できる会社であることが絶対条件です。

安全性をみる指標として、「運営会社はどこなのか。」「上場企業や、他金融系サービスを展開している企業なのか。」という視点を持っておくといいでしょう。

運営企業があまり有名でなく資本力が弱い会社だと、万が一ユーザーの資産が消失した際に補償が行われない可能性があったり、

そもそも運営が倒産してしまえばユーザーの資産が返ってこなくなる可能性すら考えられます。

また、過去にハッキングの問題がないかなどセキュリティのリスクも確認しておくと良いでしょう。

取引所の安全性が高い取引所はDMMbitboin

安全性が高い初心者におすすめの取引所は「DMM Bitcoin」です。
DMM BitcoinはFX口座数日本一のDMMグループが運営する取引所。

莫大な資本力をもつDMMグループなので、会社の信頼性は非常に高いと言えるでしょう。

また、24時間365日複数人による管理体制を整えています。

怪しい動きのあるアカウントを発見した際には30分以内に必ずアカウントを凍結するなど迅速な対処をします。

実際過去にハッキングなどの被害が起こったことはありません。

本人確認で要求される情報の量も他の取引所にくらべ圧倒的に多く、金融業に精通した大企業の高いセキュリティ意識が伺えます。

まとめ

ここまで、「当サイトおすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所5選」と「初心者が取引所を選ぶときのポイント」を紹介してきました。

最後に、あらためて初心者の方が暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際の大切なポイントと当サイトおすす取引所のおさらいをしておきます。

取引所を選ぶ際の大切なポイントは以下の3つです。

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際の大切なポイント

  • 手数料の安さ
  • 最低発注数量の少なさ
  • 取引所の安全性

そして初心者におすすめの取引所ランキングトップ3は以下です。

DMMbitcoin

特徴

  • 日本最大級の大手取引所
  • 入出金手数料が無料
  • 充実した取引ツール
  • LINEを使った手厚いカスタマーサポート

Coincheck

特徴

  • 操作が簡単なアプリで初心者でも使いやすい
  • 取り扱い通貨数が業界最多
  • ビットコインの手数料が無料

bitFlyer

特徴

  • 国内トップクラスの取引量
  • 約定力が高い
  • セキュリティに定評がある

暗号資産(仮想通貨)取引は、取引所によって扱っている暗号資産(仮想通貨)の種類や安全性は様々です。

取引所を選ぶ際は、手数料、暗号資産(仮想通貨)の取扱数、レバレッジ取引の有無、取引ツールといった様々な要素を確認して、自身の投資方針や資産状況に合うサービスを選ぶようにしましょう。

特に初心者の方の場合、最低投資額や各種手数料がどの程度かの確認も併せて行うのがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)取引をしたいと思っている方この機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか?

-初心者, 取引所, 暗号資産(仮想通貨)
-

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.