初心者 取引所 暗号資産(仮想通貨)

BITPointの暗号資産取引は?メリット・デメリットを徹底解説

  1. HOME >
  2. 初心者 >

BITPointの暗号資産取引は?メリット・デメリットを徹底解説

BITPointをご存知でしょうか?

BITPointは、2016年に設立された株式会社ビットポイントジャパンが運営する暗号資産取引所です。

ビットポイントジャパンではビットコインやイーサリアム、XRPといった主要な暗号資産が取り扱われています。

取引手数料無料でスマホアプリもあるため暗号資産初心者を中心に人気を集めています。

今回はそんなBITPointの基本情報から口座の登録手順までわかりやすく説明していきます。

この記事を読めば、BITPointがどんな業者なのかを理解し、すぐに口座開設してトレードが始められるようになりますよ。

BITPointの基本情報

まずは、ビットポイントの基本情報についてご説明します。

ビットポイントの基本情報は以下の通り。

BITPoint基本情報
形式 取引所
取り扱い暗号資産 ・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコイン・リップル
スマートフォン対応
手数料 ・入金手数料無料
・出金手数料無料・取引手数料無料
最大レバレッジ 4倍
最小取引単位 0.0001BTC
取引方法 現物取引  / 先物取引 / FX取引 / 信用取引
セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ/二段階認証

ビットポイントで利用できる取引は、現物取引、先物取引、FX取引の3種類。

取引所形態での暗号資産取引が可能で、取引手数料はそれぞれ無料で提供されています。

取り扱い通貨は5種類しかありませんが、外貨でビットコインの取引ができるという特徴を持っています。

続いてはBITPointのセキュリティ面を確認していきましょう。

BITPointの安全性・セキュリティ

ビットコイン取引を行う上で、セキュリティは特に気になるところですよね。

BITPointのセキュリティは、コールドウォレット/マルチシグ/二段階認証と複数のセキュリティ対策を行なっています。

では、このコールドウォレット・マルチシグ・二段階認証どういったものなのでしょうか。

次の章で解説していきます。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットに接続されていないオフラインのウォレットのことです。

オフラインでの保存ですので、不正アクセスによる仮想通貨の盗難の危険性がありません。

もし盗難されるとしたら、安全な場所に実際に保管されているコールドウォレットを、物理的な力で運び出すことになるでしょう。

そのため、盗難の危険性は殆どないと言えます。

マルチシグ

マルチシグは、ビットコインの送金の際に必要となる複数の秘密鍵のことです。

パスワードだと思っていただければイメージしやすいでしょう。

シングルシグ(一つの秘密鍵のみで送金できるもの)よりもセキュリティが強固になっています。

BITPointではマルチシグにも対応しているため、送金の際のセキュリティ対策も万全です。

二段階認証

ログインの際に必要となるID・パスワードの他に、もう一つ認証を加えるものです。

この機能があることによって不正ログインを防ぐことができます。

BITPointの過去のハッキング被害

BITPointのセキュリティ問題を説明する上で押さえておきたい事があります。

それはBITPointが2019年の7月に35億円相当の暗号資産をハッキングされたことです。

BITPoint内の保守系のサーバーがハッキングされたことが原因で、リップルを中心に流出してしまいました。

BITPointはここから信頼回復に努め、セキュリティ強化に力を入れてきました。

結果としてそれ以降ハッキングの被害にはあっていません。

ビットポイント

BITPointのメリット

続いてビットポイントのメリットについて見ていきましょう。

ビットポイントを暗号資産の取引で使う上でのメリットは以下4点があげられます。

BITPointの暗号資産取引におけるメリット

  • 手数料が無料
  • MT4が使用できる
  • 使いやすいスマホアプリがある
  • カスタマーサポートが充実している

それぞれ見ていきます。

手数料が無料

BITPointは、暗号資産取引をする上で手数料がかかりません。

暗号資産取引には、取引手数料、入出金手数料がかかるのが一般的です。

BITPointではこれらを全て無料に設定しています。

さらに、即時入金サービスが無料なことも大きな魅力の一つ。

即時入金サービスとは、銀行などの金融機関からいつでも入金できるサービスのことです。

つまりBITPointを使えば、24時間365日入金ができるということ。

即時入金サービスは、「ジャパネット銀行」と「イオン銀行」から利用可能です。

MT4を使用できる

続いてBITPointはMT4を使用できるというメリットがあります。

MT4とはMetatrade4というロシアの会社が開発した高性能トレードツールのこと。FX取引をしている方には馴染みがあることでしょう。

このMT4ツールは、自動売買ができ、50種類以上のインジゲーターが使えます。

本格的にテクニカル分析や自動売買システムを作りたい方におすすめのツールです。

使いやすいスマホアプリがある

BITPointは、PC版と全く同じインターフェイスをした直感的で使いやすいスマホアプリがあります。

スマホアプリを使うことでいつでもどこでも暗号資産取引が楽しめるため、初心者が手軽に始めやすいですね。

カスタマーサポートが充実している

BITPointはカスタマーサポートが充実しているというメリットもあります。

暗号資産取引で何かトラブルがあった時にカスタマーサポートが充実していると安心できまよね。

BITpointのカスタマーサポートの特徴としては、電話対応もしてくれるということ。

取引所のカスタマーサポートはメールやライブチャットでの対応が一般的です。

文章で伝わりずらい問題が起きた時に、電話で対応してくれるとありがたいですね。

BITPoint電話サービス対応の時間は、土日祝日を除く午前9時から午後5時までです。

BITPointデメリット

続いてはBitPointのデメリットを2つご紹介します。

BitPointのデメリットは以下2点あげられます。

BITPointの暗号資産取引におけるデメリット

  • 取り扱い通貨数が少ない
  • 約定量が低い

それぞれ見ていきましょう。

取り扱い通貨が少ない

一つ目に取り扱い通貨数が少ないことです。

BITPointでは、6種類の通貨しか取り扱っていません。扱っている通貨は以下6つ。(※2021年2月現在)

BITPointで扱っている通過

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル
  • ベーシックアテンショントークン

これは、国内取引所の中でも少ないです。

国内大手のCoincheckとDMMBItcoinと比較していきましょう。

業者名 取り扱い暗号資産数
BITPoint 6種類
Coincheck 14種類
DMMbitcoin 11種類

今後、扱う暗号資産が増えていくことに期待ですね。

約定力が低い

2つ目に他社と比較した時に、約定力が低いというデメリットもあります。

Biitpointは2016年に設立しており、CoincheckやDMMbitcoinなどのメジャーな取引所と比べるとユーザー数が少ないです。

ユーザー数が少ないと流動する暗号資産量も少なくなってしまうので希望の価格で約定(注文が通ること)されないことが多いというデメリットです。

BITPointのトレードスペック

続いてはBITPointのトレードスペックについて細かく見ていきましょう。

手数料、レバレッジ、取引ツールについて細かくみていきます。

手数料

まずはBITPointの手数料をみてきます。

先ほどもお伝えした通り、BITPointは入出金、取引に一切手数料がかかりません。

同じ国内取引所のCoincheck、bitflyerと比較していきましょう。

業者名 ビットコイン取引手数料
BIITPoint 無料
CoinCheck 無料
bitflyer 0.01%~0.15%

では、BITPointはどこで取引所としてお金を稼いでいるのでしょうか。

BITPointの実質の手数料はスプレッドです。

スプレッドとは取引所ごとに設定されている売値と買値の差のことです。

スプレッドは狭ければ狭いほど利益を出しやすいです。

BITPointのスプレッドを比較していきます。

業者名 ビットコインスプレッド
BITPoint 348円
Zaif 102円
bitflyer 250円

結論、BITPointのスプレッドはやや高いと言えます。

他の手数料を完全に無料にしている分、スプレッドで取引所の運営を成り立たせているのでしょう。

レバレッジ

続いては、BITPointのレバレッジです。

BITPointはかつてレバレッジを25倍までかけることができ国内取引所で最大のレバレッジを誇っていました。

しかし、現在日本国内では仮想通貨の証拠金取引では、レバレッジは4倍までという規制があります。

そしてこのレバレッジは今後2倍まで下げられることが確定しています。

取引ツール

続いては、BITCoinの取引ツールです。BITPointはmt4を使っています。これはBITPointの最大の特徴と言っていいでしょう。

MT4はテクニカル分析に特化しており、対応していないインジケーターはないと言っていいほどの高性能ツールです。

暗号資産でMT4を使えるの国内取引所はBITPointしかありませんので、本格的に分析してトレードをしたい方はBITPointがおすすめです。

BITPointの口座登録手順

続いてはBITPointの口座登録の手順を簡単に解説していきます。

BITPointの登録手順は以下3手順。

BITPointの登録手順

  • 口座開設申し込み
  • 完了通知の受け取り
  • 取引開始

それぞれ簡単に見ていきます。

口座開設申し込み

まずは口座開設の申し込みです。

口座開設手順は、①メールアドレス・電話番号登録 ②本人確認

本人確認は以下の書類のいずれかが必要です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

完了通知の受け取り

続いて、上記内容を元に口座開設審査をBITPoint側で行います。審査に通るとBITPointからメールが届きます。

ここまで完了しましたら入金して取引を開始しましょう。

BITPointの注意点

BITPointで口座を開設する前に、BITPointの注意点を今一度確認しておきましょう。

BITPointの注意点は以下2つです。

  • 取引量が少なく約定されにくい
  • スプレッドがやや広い

BITPointは2016年からサービスを開始した取引所です。まだ、ユーザー数が少なく必然的に取引量もそれほど多くありません。

取引量が少ないと自分の希望価格で注文が通らないというデメリットがあります。

また、スプレッドも他の取引所と比べると少し広いです。

これは他の手数料を完全に無料にしているので仕方のないことでしょう。

BITPointで口座を開設する前に注意をするべき事象についても確認しておけるといいですね。

まとめ

今回は、2016年から取引所のサービスをしているBITPointについて見ていきました。

最後にもう一度Bitpontの特徴・メリットについておさらいしましょう。

BITPointの特徴メリットは以下の通り。

BITPointのメリット

  • 手数料が無料
  • MT4を使用できる
  • 使いやすいスマホアプリがある
  • カスタマーサポートが充実している

BITPointは、入出金・取引手数料が無料です。

また、高性能取引ツールであるMT4を使えるので、テクニカルな分析がしたい方にも対応しています。

一方で初心者でも直感的に操作できるスマホアプリが用意されており、お手軽に暗号資産取引を開始することができます。

トラブルが起きても、カスタマーサポートが充実しているので安心ですよね。

BITPointの暗号資産取引についてご理解いただけましたでしょうか?

少しでも気になった方は、初心者から上級者まで幅広い層から支持されているBITPointで口座を解説してみてはいかがでしょうか?

-初心者, 取引所, 暗号資産(仮想通貨)

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.