Bitcoin 初心者 取引所 暗号資産(仮想通貨)

大学生がビットコインを始めるべき理由は? ビットコインは失敗しない?

  1. HOME >
  2. 暗号資産(仮想通貨) >
  3. Bitcoin >

大学生がビットコインを始めるべき理由は? ビットコインは失敗しない?

最近ビットコインという言葉をよく聞くようになりました。

ビットコインとは、電子データのみでやり取りされる通貨である暗号資産(仮想通貨)の中でも、経済活動を円滑に進めるために作られたもののことを言います。

投資目的で用いられることの多いビットコインですが、大学生だと投資はよくわからないと敬遠しがちになります。

しかし、大学生だからこそビットコインを始めた方がいいです。

本記事では、大学生にビットコインをおすすめする理由やビットコインの仕組み、始め方などについてまとめていきます。

大学生にビットコインをおすすめする理由は?

 少額で大きな資金が得られる 

ビットコインはFXに似て投資に対するリターンが大きいです。

ビットコインは1万円から始められますが、1万円を100万円にすることも可能です。

1万円なら大学生でも手が出しやすいので気軽に始められます。

ビットコインで一気に短時間で稼ぐことができれば、生活費のためにしているバイトの時間をもっと使いたい時間にあてることができるため、もっと有意義な生活を送れるようになります。

社会情勢に敏感になれる

ビットコインに限らず、投資をするということは単価に対して敏感になり、その単価を動かす要因が私たち自身で、その根っこには社会で起こっている出来事が関わってきます。

つまり、真面目にビットコインで稼ごうと思えば、社会情勢を勉強していくうちに社会情勢に敏感になり、何事においても適切なタイミングというものを見逃さなくなります。

労働以外の稼ぎ方を知ることができる

単純に労働以外の稼ぎ方を知ることができるため、労働をするより効率的にお金を稼ぐスキルを身に付けられるようになります。

一度そこでスキルを身につけば自信となり、そこで身に付けたスキルを誰かに共有して稼ぐといったことや新たに別のジャンルの投資に手を出すという挑戦心にもつなげられます。

ビットコインは失敗しない?

ビットコインを始める前に気になるのが、ビットコインは失敗しないのかということです。

ビットコインが流行し始めた2016年から2017年あたりの間に流行りに乗ろうとした芸能人が、次々とビットコインの暴落で大きな損をしていたことはまだ記憶に新しいでしょう。

ビットコインは安く始められる一方で、レバレッジといって自分が保有する現金資産だけでなく、借入金を用いて投資をすることもできるため、当然リスクを伴います。

しかし、ビットコイン流行時の問題を受けて、逆指値注文ができるような会社も登場するようになりました。

逆指値注文というのは、この程度単価が上がれば売り、この程度単価が下がれば買うというのが投資の通常の考え方ですが、

その逆でこの程度単価が上がれば買い、この程度単価が下がれば売るという注文方法のこと です。

この方法によって、リターンはある程度上限はあるものの、リスクもある程度軽減できるため、安定感のある投資活動が行えます。

最近ではこの逆指値注文が可能なビットコインを取り扱う会社が増えてきているため、ビットコイン初心者にとって失敗しづらい環境作りができています。

ビットコインの仕組みとは?

ビットコイン仕組みが分かっていないと始めるとしてもちょっと不安と言う人のために、その仕組みを解説します。

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)で電子データによってやり取りされているため、法定通貨と異なって管理組織というものは存在しません。

P2Pというブロックチェーンをベースとした暗号資産(仮想通貨)の取引相手同士で管理されています。

それだと個人でビットコインを発行し放題ではと考える人もいるかもしれませんが、ビットコインが誕生する際に、発行枚数が上限2,100万枚までとプログラミングされているため、その点に関しては問題ありません。

管理組織がない分、発行できる数を定めておくことで単価変動の安定化を図っています。

また、法定通貨が普及している関係上、ビットコインを手に入れる際に、法定通貨を用いて換金する仕組みが必要だったため、ビットコインと法定通貨の2種類の通貨双方向で干渉し合うことが可能です。

ビットコインの始め方は?

ビットコインは、株式投資同様ビットコインの取引を扱う会社にてアカウントを作成し、口座登録を行ってビットコインを購入することで始めることができます。

アカウントを作成する際に身分確認証明が求められる関係上、大学生の多い18歳からビットコインが始めることができますが、20歳からでないと始められないところも多いので注意が必要です。

まず自分の取引用の銀行口座や身分確認証明できるものを準備しない限りは始められないため、必要な準備は先に必ず済ませておきましょう。

ちなみに、ビットフライヤーやDMM bitcoin、Coincheckなどといったビットコインの取引を取り扱う会社では逆指値注文が可能となっているので、これからビットコインを始めるといった人におすすめです。

まとめ

ビットコインは1万円から始められるため、大学生から始められる上に働く以外の稼ぎ方を早いうちから知ることで、様々なメリットが得られて人生の時間を有意義なものにすることができます。

もし大学生の中でビットコインが気になるという人がいれば、1万円でもいいので余力を作って、ビットコインを皮切りに投資活動にチャレンジしてはいかがでしょうか?

-Bitcoin, 初心者, 取引所, 暗号資産(仮想通貨)
-,

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.