Bitcoin 暗号資産(仮想通貨)

【ビットコインを分かりやすく解説】初心者や学生でも理解できます

  1. HOME >
  2. 暗号資産(仮想通貨) >
  3. Bitcoin >

【ビットコインを分かりやすく解説】初心者や学生でも理解できます

2021年2月現在、ビットコイン価格が600万円を突破し、暗号資産(仮想通貨)バブルが来ています。

テレビや新聞でビットコインと耳にすることも多くなったのではないでしょうか?

一方でこんなことを思っている方も多いはず。

・ビットコインってなんとなく聞いたことがあるけど、難しそう。

・ビットコイン買ってみたいけど、よくわからないからいいか。

今回はそんな方に向けて、ビットコインの仕組みからビットコインのメリット・デメリットまで徹底的に解説します。

この記事を読めばあなたもビットコインマスターについて理解しているでしょう。

ビットコインをわかりやすく知りたい方はぜひこの記事を読んでみてください。

ビットコインとは?わかりやすく基本事項を解説

ビットコインは簡単に言うと、インターネット上で取引ができる通貨のこと。

世界で初めて誕生した暗号資産(仮想通貨)でありデジタル資産です。

ビットコインに使われている技術を真似して、作られた資産をまとめて暗号資産(仮想通貨)と言います。

では、ビットコインに代表される暗号資産(仮想通貨)はどうやって発行されているのでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)の発行方法は全てではないですが、主な方法はマイニングと呼ばれる仕組みです。

ビットコインを生み出すマイニングの仕組み

マイニングとは、ビットコインの全ての取引記録を取引台帳に記帳する作業のことです。

ビットコインでは、取引の情報を記録する方法として「ブロックチェーン」の技術が使われています。

ブロックチェーンとは、一定数の取引情報が書かれているブロックを、鎖のようにつなげた形状をしています。

一つひとつのブロックには、ビットコインで行われた取引情報がまとめられ、さらに「ハッシュ関数」という特殊な計算方法で暗号化された状態で収められています。

この暗号を解読し、その取引に間違いがないかどうかを確認できれば、ひとつ前のブロックに関する情報を追加した上でつなげていきます。

この作業をマイニングというのです。

マイニングは日本語訳にすると「採掘」ですが、ビットコインの取引記録を掘り起こすように取引台帳に記録して、ブロックチェーンをつなげていくのです。

このブロックチェーンを繋げると報酬として、ビットコインをもらうことができます。

世界中でマイナーと呼ばれる人たちが、コンピューターの技術を最大限に使いマイニングをしています。

マイニングには膨大な電気料金と高い技術が求められます。

マイナーはビットコインの金脈を求めて日夜ハッシュ関数を解こうとしているからビットコインは成立するのです。

ビットコインが新規に発生するマイニングの仕組みについてはご理解いただけましたでしょうか。

続いては、そんなビットコインを誰が管理しているのかと言う点について述べていきます。

ビットコインは誰が管理しているのか

ビットコインの管理者はビットコイン売買に参加している全員です。

というのも、先ほど説明したマイニングで作られたブロックチェーンは売買者の全てに公開されています。

万が一、管理者の1人が取引台帳を無くしても世界中に分散されているビットコイン管理者が中身を知っているので大丈夫という仕組みです。

円やドルなどの通貨は、「中央銀行」が通貨を管理しています。

ビットコインには、発行を管理する組織が存在しないのです。これがビットコインの最大の特徴と言っていいでしょう。

ビットコインの使い方・できること

ビットコインがマイニングによって発生し、売買者全員によって管理されていることは理解いただけましたでしょうか。

続いては、ビットコインで実際にできること、利用方法についてご説明します。

ビットコインを利用してできることは大きく分けて以下の3つ

ビットコインを利用してできる3つの事

  • 投資や投機の利用
  • 送金や決済
  • 世界中で両替なしでの利用

それぞれ説明していきます。

 

投資や投機の利用

まずは、投資・投機としての利用です。

現在、ビットコインの主な用途は投資・投機による利用でしょう。

ビットコインは市場が成熟していないため、ボラティリティが非常に高いです。

ボラティリティとは、変動の大きさのことです。

投資・投機目的の方は短期的にビットコインでの儲けを出そうと狙っています。

変動が激しい分、リスクは大きいですがリターンも大きい投資商品です。

送金・決済

ビットコインを使えば、国内外問わずに誰にでも手数料無料で送金できます。

現在の送金手段は銀行での送金を使う方が多いと思います。

銀行送金だと間に銀行が入る分、手数料が発生してますよね。

国内なら、数百円、海外だと数千円の手数料がかかることでしょう。

ビットコインの送金手数料は送金先が国内であっても海外であっても関係なく、手数料が多ければ多いほど送金が早く行われる仕組みです。

時間をかけてもいいのならば、無料で送金できます。

また、ビットコインの送金は36524時間対応していますのでその点でも便利ですね。

世界中で利用できる

ビットコインは世界中で利用できます。海外旅行に行く際には、日本のお金を旅行先の通貨に交換しなければなりませんよね。

ビットコインは世界中のインターネット上で管理されているので、ビットコイン決済が可能な店であれば、世界共通どこでも使えます。

日本では、まだあまり見かけませんが、ビットコイン決済が可能な店舗は年を追うごとに増えています。

店側にとっても数%の手数料を支払わなくてはならないクレジットカードよりもビットコイン決済はメリットがあり、これからもっと普及していくことでしょう。

ビットコインの注意点・リスク

ここまでビットコインの特徴と利用方法について解説してきました。

続いては、ビットコインに関する注意点とリスクについてご説明します。

ビットコインのリスクは以下4つあります。

ビットコインのリスク

  • 激しい価格変動のリスク
  • パスワード紛失のリスク
  • 取引所の破綻・ハッキングリスク
  • 法令や税制変更によるリスク

それぞれ見ていきましょう。

 

激しい価格変動のリスク

1つ目は激しい価格変動による損失のリスクです。

2017年当初、1BTCは10万円ほどでしたが、その年末には1BTCは200万円超までになりました。

翌年の11月には1BTCは30万円台まで急落。とにかくボラティリティが高いのがビットコインの特徴です。

投機目的の方は特にご注意ください。

パスワードの紛失リスク

ビットコインを管理するとには、自分自身のみ知る秘密の鍵を管理する必要があります。

暗号資産(仮想通貨)は正式名称を「暗号資産」とも言い、複雑な暗号技術によって管理されているのです。

もしも、自分のパスワードが誰かに不正に利用されてしまうとあなたのビットコインは盗まれてしまいます。

パスワード管理の隙をつかれて紛失・盗難・不正利用されたビットコインは世界で相当数あるといわれています。

暗号資産(仮想通貨)を持つ際には、いつも使っているパスワードは避け厳重に管理する必要があるでしょう。

取引所の破綻リスク

続いては取引所の破綻リスクです。ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の売買には、取引所の利用が必須です。

大量のビットコインを管理している取引所はクラッカーに狙われています。

取引所は厳重なセキュリティを施していますが、過去には実際にクラッキングされて暗号資産(仮想通貨)が悪意ある人の手に渡ってしまったこともあります。

対策としては、セキュリティ対策にい力を入れている信頼できる取引所を使うこと。

できたばっかりだっだり、怪しい取引所は避けるのが無難でしょう。

法令・税制の変更リスク

現時点で、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)全般の法令・税制はあまり整備されていません。

現在は所得税に分類されており、累進課税が適用されますが、今後どうなっていくかはわかりません。

将来的に法令、税制または政策の変更等により、暗号資産(仮想通貨)の保有や取引が制限される可能性、または現状より不利な取扱いとなる可能性があるという認識が必要でしょう。

ビットコインの今後の展望

続いては、ビットコインの今後の展望についてです。

ビットコインは1BTC=590万円(20212月21日時点)を超え急騰しています。

今後はどのように推移していくのでしょうか。これまでのビットコインの動きから確認していきましょう。

ビットコインのこれまでの価格推移

ビットコインの2020年の値動きを見ていきます。

コロナショック後、一時40万円台まで値を落とましたが、夏以降は100万円前後でビットコインの値動きは安定していました。

10月から上昇相場が始まり、11月から12月にかけて急激な上昇相場になり、1BTC200万円を突破し、400万円に差し掛かりました。

そして、1月後半に大幅下落。2月初週現在、企業の大型参入の影響で再び大幅に上昇する動きを見せています。

2021年現在のビットコインの価格は、600万円前後になっています。

ビットコインの今後はどうなる?

600万円前後で最高水準を維持しているビットコイン。

個人投資家にとって気になるのは、これほどまでに高くなったビットコインを今購入するのは遅いのではないかという懸念ですよね。

今後のビットコインの推移は予想がつきません。

2018年に起きたビットコインのバブルは個人投資家による熱狂が大きかったようです。

しかし、今回は電気自動車のテスラが巨額の資金をビットコインに投資したり、Twitter社がビットコインの購入を考えていると表明したりと大型企業の参入も急騰要因の一つ。

今後も、ビットコインが一般に普及したとしたらまだまだ上昇要因は残っているでしょう。

ビットコインを始めるには何が必要?

ここまで、ビットコインについて解説してきました。では、いざビットコインを始めようと思ったら何が必要なのでしょうか?

ビットコインを購入するまでの手順を解説していきます。ビットコインを購入するのは意外と簡単です。

以下3手順でビットコインの購入は完了してしまいます。

ビットコイン購入までの流れ

  • 暗号資産(仮想通貨)取引所に登録する
  • 日本円を入金する
  • 暗号資産(仮想通貨)を購入する

1つずつ見ていきましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所に登録する

ビットコインを購入するには、まずは暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を解説する必要があります

日本での暗号資産(仮想通貨)取引所で有名なところは、「Coincheck」「bitFlyer」「bitbank」などがありますね。

それぞれに特徴がありますので、自分にあった取引所を選ぶようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)を購入する

取引所への登録が完了しましたら、日本円を入金してビットコインを購入しましょう。

取引所の中にも、取引所と販売所があります。

取引所は、ビットコインの交換所のようなイメージ。

ビットコインを売買したい人が「板」と呼ばれる掲示板を皆がら注文を出していきます。

注文が成立したら交換できます。

手数料が安いというメリットがありますが、約定しにくいというデメリットがあります。

一方、販売所はビットコインの市場をイメージしてください。

業者が価格を指定し購入するのが販売所。手数料が高いというデメリットがありますが、約定されやすいというメリットがあります。

注文がほとんど通るので、初心者の方は販売所での取引がおすすめです。

まとめ

今回は、ビットコインをわかりやすく説明していきました。

改めて、ビットコインの特徴をまとめると以下の通りです。

ビットコインの特徴

  • マイニングにより新規発行されている
  • ブロックチェーンで全員で管理して不正を防ぐ
  • 中央管理者が存在しない
  • 換金可能である
  • 送金や決済にも使える

ビットコインは、世界で最初の暗号資産(仮想通貨)であり今でも、暗号資産(仮想通貨)の代表として認知されています。

暗号資産(仮想通貨)を取引するならば、ビットコインの仕組みを理解することが大切です。

ビットコインは将来性に期待が集まるものだからこそ、正確な知識を持つことで安心して取引・利用できる環境を作ることが重要です。

-Bitcoin, 暗号資産(仮想通貨)
-

Copyright© Bitcoin Students , 2021 All Rights Reserved.